在職老齢年金を受け取るには

| 未分類 |

年金を受給する為には、まず受給期間を満たすことが必要になります。
それでは何年の受給期間が必要かといいますと、具体的には、国民年金の加入の期間・厚生年金の加入の期間等の合計が25年以上必要となります。65歳に到達すれば支給されることになります。
25年の受給期間・65歳からの支給開始には年齢により特例が設けられています。
これは、当初厚生年金等の開始が20年以上あれば60歳から支給開始されていた名残です。
最近では、60歳に到達をしても、まだまだ現役でお仕事をされている方が沢山おられます。
この働いている方が受給されている年金のことを在職老齢年金といっています。
働きながら老齢年金受け取る際の調整されるのです。年金は本来65歳が受給開始年齢でありますが、64歳までの年金は特別に支給しておりますので、特別支給ともいっております。
調整されるのは、老齢年金に限られ、障害年金や遺族年金は調整の対象外です。
働きながら年金を受け取るといっても、60歳から64歳までの年金と、65歳以上の年金は異なります。
具体的には、標準報酬月額と年金月額の合計が、65歳までは28万円、65歳以降は46万円を超えると、年金の全部又は一部が調整され、年金が減額されて支給されることになります。
65歳までだと、場合により雇用保険からも調整される場合があります。
年金を受給する為には、年齢と、受給期間を満たした場合年金事務所に行き、手続きをして下さい。