特別支給でない老齢厚生年金の受給条件

| 未分類 |

日本の年金制度にはいくつか種類があり、大きく分けると公的年金と私的年金があります。公的年金とは国民年金や厚生年金等の事を指し、国が行っている年金制度となります。そんな年金制度の中でも老齢時に受給が発生する年金に関して説明します。
老齢時の年金とは、国民年金の老齢基礎年金と厚生年金による老齢厚生年金がありますが、この後者の年金制度は前者の老齢基礎年金を受給出来る人が厚生年金保険に加入し被保険者期間が1ヶ月以上ある事が条件となり、受給する権利を得られます。そしてこの年金受給は65歳から受給する事が出来ますので、将来にかけての経済的不安を軽減してくれる事でしょう。厚生年金の被保険者期間が1ヶ月以上という事は、まず厚生年金に加入している事が絶対条件となります。厚生年金とは会社員や公務員等の職業の人達が国民年金と合わせて加入する年金ですので、この様な職業の方であれば加入していますので、老齢時の受給が可能となっています。
この様に公的年金制度には、加入している年金制度等によって将来受給出来る年金が異なったり、金額も加入年数によりますので、自分が今現在加入している年金に関しての知識は必ず持っておき、将来の生活に備えておきましょう。