離婚した場合の年金の分割

| 未分類 |

離婚したときに年金を分割できる制度ができたことをご存知の方も多いことでしょう。しかし、具体的な分割の仕組みについては、よく知られていない部分もあります。ここでは、どのように分割が行われるかについてみていきます。分割は、合意分割制度と3号分割制度に基づいて行われます。合意分割制度は、当事者が請求するもので、婚姻していた期間の標準報酬などを2人の間で分割するものです。どのように分割するかは2人の話し合いにより決まりますが、まとまらない場合には家庭裁判所に申立てを行って、裁判で決定することもできます。次に、3号分割制度については、扶養されていた配偶者が請求をするものです。平成20年の4月以降、配偶者が第3号被保険者だった期間中の標準報酬を2分の1に分割できるしくみで、双方が合意しなくても分割をすることが可能です。平成20年4月以前に第3号被保険者だった期間や平成20年の4月以降に第3号被保険者でなかった期間は対象とはなりませんが、双方が合意をすれば、分割をすることが可能です。どちらの請求についても期限があり、基本的に離婚をしたときから2年を経過するまでの間と定められています。不明点などは「ねんきんダイヤル」で問い合わせすることができます。