老齢厚生年金の年金額

| 未分類 |

老齢厚生年金は年金制度の中では老齢基礎年金を1階部分に例えると2階部分にあたり、基礎年金は今後も受給年齢が引き上げられる可能性がありますが、厚生年金の場合は受給資格を満たし、厚生年金保険に加入したことがある人の場合には60歳から64歳の間でも一定条件を満たしている場合には受け取ることが可能となっています。受給される年金額は現役時代の報酬により段階的に引き上げられる報酬比例方式なのでそれぞれの受給者によって異なりますが、一般的には基礎年金の他に3万円から16万円程度加算されて受給することができます。また年金は物価スライド方式が採用されているので、国民年金や厚生年金保険などでは、物価の変動に合わせて受給される金額が増減することで、受給金額の実質的な価値を維持するので、消費者物価指数などの動向によってはその額が増減する可能性があります。この厚生年金の場合は現在会社に勤めているか、長時間アルバイトで働いている人が加入していますが、自営業者などに対しては国民年金基金という制度が準備されているので、これに加入していると将来的には厚生年金と同様の額の年金を受け取ることができるようになります。国民年金基金で厚生年金と同等の金額の支給を受けるためには最低でも3口以上の契約が必要となります。