特別支給の受給要件

| 未分類 |

老齢厚生年金の受給につきましては、老齢基礎年金の受給要件を満たしている方が、65歳に達した時に、老齢基礎年金に上乗せして、受給されます。
1ヶ月以上の保険料を納付している期間があれば受給できます。
但し、当分の間は、60歳以上で、老齢基礎年金を受給できる必要な期間を満たしていること、厚生年金の被保険者期間が1年以上ある場合で、報酬等の必要な要件を満たしている場合は、特別に65歳になるまで厚生年金が受給できます。
この厚生年金の額は、報酬比例部分と定額部分を合わせた額となります。
60歳からの開始年年齢は、昭和16年(女性は21年)4月2日以降の方からは、定額部分の支給開始年齢が引き上げられ、昭和24年(女性は29年)4月2日生まれの方からは、報酬比例部分の額だけになります。
何故、このようになったかといえば、年金の一元化です。
国民年金と厚生年金はそれぞれ制度ごとに仕組みが違っていましたが、公平な年金制度をということから、厚生年金も、国民年金制度に加入が条件になったからです。
それまでは厚生年金度は、20年の保険料の期間を満たせば、60歳より受給することが出来ました。
しかし、国民年金制度の老寧基礎年金の受給要件は65歳であり、それでは厚生年金の被保険者は年金が5年延長されたことになります。
その為、暫くの間は60歳開始としたわけです。
この60歳開始の年金のことを、特別支給の厚生年金といいます。