報酬比例部分の計算方法

| 未分類 |

会社に勤務しているサラリーマンが主に加入している厚生年金においては、65歳未満の人が受け取る特別支給の老齢厚生年金の支給額は、報酬比例、定額、加給年金額の3つの部分を合わせた額であり、65歳以降の人が受け取る本来の老齢厚生年金は、報酬比例、経過的加算、加給年金額の3つを合わせた額となっています。
いずれの場合にも報酬比例部分が含まれていますが、この部分の計算方法は同じであり、賞与、すなわちボーナスも年金額に反映される「総報酬制」という制度が導入された平成15年4月以降の額と、それより前の平成15年3月までの額を合計したものとなります。
その計算は、平成15年3月まで、平成15年4月以降のそれぞれについて、平均標準報酬月額、支給乗率、被保険者期間の月数を乗じた額を求め、最後に両方の額を合計して支給される年金額を求めます。
なお、「支給乗率」とある値については、年金を受給する人の生年月日に応じて1,000分の10を上限とする個別の値が設定されており、日本年金機構のホームページなどにその乗率表が掲載されています。
こうした計算は複雑なものであることから、同機構のホームページでは想定される年金額を試算するコーナーが設けられています。